スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず

電撃大賞応募予定の作品、初稿完成しましたー(自分にぱちぱちぱち


執筆期間はおよそ2ヶ月……? これからの推敲もあわせると3ヶ月くらいです。
うん。進歩したぞ、僕。
たぶん。
きっと。

今回、初めて自分なりのプロットを作りました。キャラ、ストーリー、キーワード、テーマ、その他。
特にストーリー構成をプロットである程度組んでいたためか、すごく書きやすかったです。
ほとんど青写真通りに書き上がって、久々に満足しました(-ω-)v
ようし、推敲で磨くぞー!
本編を書き進めることに比べると、エピローグ(後日談)と推敲の作業が楽しくてしょうがないです。

400字換算で312枚ですが、推敲でもう少し増える予定。
長編掌編あわせて9作目となりましたが、約550枚の「アクシデント」に次いで2番目の長さです。
でも、もうちょっとページ数が欲しかったなあ……ほむほむ。

0次落ちしたら速攻で某サイトに落としますwww
反面教師にして下さいィィ!
スポンサーサイト

つれづれ日記

執筆はなんとか、進んでます。
日曜日、そして夜はやっぱり筆(指?)が進むなあ……

最初から、ポイントとなるセリフをいくつも書いておいたからかもしれないけど、
今日で10ページ以上は確実に進みました。
最終章も中盤に差し掛かり、ラストのバトルシーンに突入。

うはwww書き書き楽しすwwwwww
今日ヘビーローテだった曲→http://www.nicovideo.jp/watch/sm2755951

この様子だと、真面目に書けばあと一週間くらいで初稿は完成しそうです。
二月いっぱいを使って推敲すれば、電撃には間に合うかなー。
「宮川くんとバウムクーヘン」以来の、納得のいく作品に仕上げたいと思います。

そうそう、スーパーダッシュの公募二次通過者にmaya様と七国山昇様のお名前がありました。
おめでとうございます。すげーすげーw

僕のも、一次通過してくれるといいなあ……頼むぜ下読み様w

ところで某サイトの企画は、今回は作品投下は難しそうです。
感想で参加になると思いますが、制覇も難しそう。
何せ執筆期間が長くなって上限も(ほぼ)無しだから、大作がどかどか降ってきそうでw

余裕があったらいろいろやろう、と思います。

つれづれ日記

ふうむ……

執筆もいよいよ最終章へと突入しました。
今書いている「笑顔のための素粒子論」(仮題)は現代学園ラブコメ風味の予定。
電撃大賞に応募するつもりですが、公募は初めてなのでどきどきです。

作品を書くとき、まず何から決める?との質問が掲示板にありましたが、僕はラストシーンです。
こういうラストが書きたい、そこに持っていくにはこういう流れがあって、こういうキャラがいて……自分でも変なやりかただと思いますw

伏線、小ネタなどいろいろ仕込むのも好きです。
今回の作品にもいくつも仕込んでます。登場人物の名前とか。
いやー、楽しい楽しいw

しかし三人称は難しいな……サクサク書けないぜ。
一人称に直そうかな……マジで。

つれづれ日記

無事にスノボから帰ってきた龍咲ですこんばんは。

今日はこないだの続きです。
おススメの本と作者、マンガ編。

☆冬目景さん
 描くのが遅い。連載が不定期。女版冨樫義博……それらを許せるなら、個人的に最強の漫画家です。
 美大出身で、背景とかモブも全部自分で書いていらっしゃるとか。『無限の住人』の沙村さんの先輩。
 おススメは『イエスタデイをうたって』。ゆるゆるとした三角関係を描くラブストーリーです。
 あとは『羊のうた』。吸血鬼のような一族の禁断の姉弟愛をつづる暗いお話。八重樫可愛いよ八重樫。

☆『MAJOR』
 満田拓也さんの長寿野球漫画。とにかく好き。

☆『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』
 好き嫌いが別れると思います。でもこのノリに僕はハマりました。ファイナル乳毛春巻き!

☆藤田和日郎さん
 アツい少年漫画を描く人ですが、ストーリーや構成の見事さは圧巻の一言。
 『からくりサーカス』『うしおととら』が有名ですが、あえて『邪眼は月輪に飛ぶ』『瞬撃の虚空』(短編集『暁の歌』所収)を挙げてみるテスト。

☆犬上すくねさん
 恋愛ものの「あるあるwww」を描かせたら右に出る人はいない、と思う。
 特徴のある可愛い絵柄です。
 『恋愛ディストーション』『伊勢崎真剣卓球師外伝ラバーズ7』がおススメ。

☆『封神演義』
 中国の四大奇書の一つを藤崎竜さんが漫画化したものですが、ジャンプでこのクオリティときれいな幕引きは異常。この方の絵はPCで描かれたのですが、数々のトーンがきれいです。

☆『死刑囚042』
 殺人を犯した死刑囚が、ある研究の実験台となって生き延び、そこで出会った研究員や周囲の人々との触れ合いを描いた作品。ラストが決まっていたとはいえ、泣けます。

☆『ラブロマ』
 とよ田みのるさんの描くラブコメ。自分に素直な良い人・根岸くんの健全な性欲と愛、それらにいちいち熱いツッコミを入れつつも段々デレていく星野さんのやり取りがもうたまらんです。

☆よしながふみさん
 BL。おいしそうな食事シーン。デフォルメ顔の間抜けな可愛さ。これに尽きます。

☆土山しげるさん
 料理漫画といったらこの人。『喰いしん坊!』『極道めし』などなど……うぅ、腹減った(;-ω-)

☆重野なおきさん
 スタンダードで健全な四コマ作家。素直に面白いです。
 『GoodMorningティーチャー』『うちの大家族』あたりがおススメ。

☆『まじかるストロベリィ』
 まつもと剛志さんのほのぼの四コマ。イチゴの妖精とそのご主人様(メイド的なアレではない)の脱力な日常をだらだらと描いています。悶えるというより和む。萌えるというよりニヤける。
 とっととくっつけ光太と日夏w


 まだまだおススメしたい漫画はありますが、今回はとりあえずここまでー。

つれづれ日記

相変わらずネタがないので、今回も趣味のお話で。

僕の趣味の一つに読書というのがあります。
小学校と高校の頃はマジで本の虫でした。体育会系の部活もやってましたけど。

……(どうでもいいけど、読書感想文なんていう宿題はやめたほうが良いと思う)

読んだのは主に邦文学です。
そして大衆文学>>>ライトノベル>>>純文学>>>(越えられない壁)>>>ケーt(略
洋書(もちろん日本語訳)も読みますが、日本語の表現が好きなので。

好きなジャンルは何だろう……ミステリーが一番多いかなあ。あとラブストーリー。
歴史小説は苦手かもです。



されさて、以下に個人的に面白かった本や作者様の紹介をさせていただきます。


☆原田宗典さん
 この人の「東京困惑日記」で見事に小説にはまりました。エッセイが面白いのですが、「平成トムソーヤー」などの小説も面白い。

☆京極夏彦さん
 京極堂シリーズが破壊的な威力です。雑学、ストーリー、キャラ、トリックと伏線……一冊一冊が凶器にもできる分厚さですが、そのスジが好きなひとは読む価値があると思います。
 シリーズでは「魍魎の匣」と「姑獲鳥の夏」がおススメ。

☆森博嗣さん
 「すべてがFになる」から始まるS&Mシリーズが、ミステリーとして新しくも面白い。作者さんは某工科大学の助教授なのですが、本当の意味で頭が良いんだろうなと感じる作品です。

☆「アルジャーノンに花束を」
 言わずと知れたダニエル・キイスの名作。MR(知的障害)のある子供とネズミのアルジャーノンが頭の良くなる薬を使われて……という、悲しくも美しいお話。
 小尾芙佐さんという訳者さんの力も大きいと思います。

☆「消閑の挑戦者」シリーズ
 岩井恭平さんのデビュー作とその続編。関西弁の美少女小槙(こまき)とクラスメートの春野祥(さち)がいろんなドタバタに巻き込まれて、というお話。 アニメにもなった「ムシウタ」よりこっちのほうが面白い気がしますが、第4巻よ早く出てくれぇ!

☆「ブギーポップは笑わない」シリーズ
 僕がラノベで初めて、そして唯一全部(?)読んだ、上遠野浩平さんの作品。登場人物の関係が複雑に絡み合っていて、相関図をつくろうとして何度挫折したことかw
 「vsイマジネーター」上下巻が一番好きです。

☆山本文緒さん
 きれいごとばかりではない、どろどろの恋愛。だがそれが良い。

☆「八甲田山 死の彷徨」 「悪魔の飽食」
 前者は新田次郎さん、後者は森村誠一さんの作品。いずれも戦争に絡んだ悲劇を描くノンフィクションです(前者は雪山遭難の話ですが)。読むと軽く鬱になります。

☆狗飼恭子さん
 マイナーだと思う。間違いなくマイナーwww 恋愛小説を得意としている小説家さん。
 ラノベではないですが、この方の作品の雰囲気が好きです。

☆「12月のベロニカ」
 貴子(たかね)潤一郎さんのデビュー作。このまえ実家に帰ったら、親父が買ってて吹いたwww
 構成やキャラクターなど、小説として見習うべき点が多い作品。ぶっちゃけ2回泣きました。


 とりあえず、今日はこの辺で。
 明日はスノボだっ!

つれづれ日記

早くもネタが尽きました……(´・ω・`)
というわけで、「つれづれ日記」と題して、どうでもいいことをNO PLANに語っていこうと思います。
当然のように不定期更新です。

今回は趣味ネタで。
某サイトでもこの厨臭さ200%のHNでお世話になっておりますが、僕の趣味は主に野球と小説です。

小説を書き始めたきっかけは今でもよく覚えております。
高校の頃、図書室にあった京極夏彦氏の「魍魎の匣」という長編小説を読んだとき、僕は心底「すげぇなこれ……」と感銘を受けました。
そのストーリーもさることながら、魅力的なキャラクターたち、巧妙に組まれた構成と伏線、膨大な雑学……とんでもないものを読んでしまった、と思うと同時に、僕自身もこういうものを書いてみたいと無謀にも思ってしまったのでしたw

そして、近くにあったノートに思うままに文章を書き連ねていきました。プロットなどというものも知らず、とにかく小説モドキを書き殴っていただけでしたがw

高3の夏、こうして僕と小説のお付き合いが始まりました。

……といっても、本当に一瞬でしたw
この時初めて書いたのは「アクシデント」という作品ですが、ノートに100枚ほど書いた時点で面倒くさくなってやめてしまった覚えがあります。ストーリーやトリックは頭の中でほぼ完成していたのですが、それを書き続ける気力と文章力が足りなかったのです。
今でも足りないけどorz

それから小説を書くことは全くなくなりました。
どんだけ根性ないんだ俺www

(空白)(空白)(空白)

小説を再び書き始めたのは大学三年くらいだったかな? 
PCという武器を手に入れ、中途半端に終わっていた「アクシデント」をどうしても完成させたくなったのです。その執筆途中で、ぽんと浮かんで3日で書き上げた短編「ランナーズ・ハイ」が、結果的に僕の作品第一号となりました。

その後、「アクシデント」は無事に完成しました。長かったぜ……いろんな意味で。
そんなこんなで、今に至るのでした。



あ、下は冬目景さん風に書き殴ったものです。日記の内容には全く関係ないよーう。

冬目系1

あけましておめでとうございます!

とうとう年が明けてしまいました……ああ、今年もひとつ年をとっ(ry

丑年です。丑年。ホルスタイン。

見る分にはきょぬーもいいけどひんぬーもね? こう……ね?

二日にはアホな友達(T大卒T大大学院。キーッ!)やお馬さんやモーター係と呑んで、さっそく下ネタ全開でやっちまいました。
サヒヒwwwフーセンwwwww


さてさて、年初っぽく今年の目標なぞあげてみます。

1、夏までに彼女を作る
  これ何とかなるのか!? でもみんなに公言しちゃったからなあorz
  恋に恋したい(´・ω・`)

2、作品完成&電撃大賞への応募
  やってやる! やってやるぜ親父! こっちはどうにかなりそう(-ω-)ノ
  公募は初めてなのでドキドキです。

3、もっと書く
  書き上げた作品数がほんっとーに少ないので、もっとアイデアひねり出して行きたいっす。


いやー、がんばれば何とかなりそうな目標だなあ。微妙というか現実的というか……
まあいいや。
というわけで、2009年もよろしくお願いします!
プロフィール

安美和伸

Author:安美和伸
あんびかずのぶ、と読みます。自堕落街道まっしぐらなダメ人間。某病院に勤務中。趣味は野球に麻雀、落描き、あと何か。

twitter
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最近の落書き

P-Clip β版
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。